Searching for Syria(シリアを探して)

シリア紛争の勃発により、シリア国民の半数近くが家を失いました。500 万人以上のシリア人が難民となり、全世界の難民の中で最も大きな割合を占めるに至っています。シリア難民の 9 割は近隣諸国の農村部や都市部の受け入れコミュニティで暮らし、残りの 1 割は難民キャンプに住んでいます。 「Searching for Syria(シリアを探して)」は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の協力のもと、シリア難民危機に関して世界中で最も検索されている 5 つの質問に対する答えを探るプロジェクトです。UNHCR が提供する詳細なデータ、人々を取り巻くエピソード、世界の検索トレンドから、示唆に富んだ力強い答えを導き出しています。

もっと見る

トップへ戻る